1/8のインプレッサWRC2003 モンテカルロ仕様 Vol.5B 間違い修正とスミ入れ

間違い間違い!!の修正

クロスメンバー修正

ステアリングラックと、クロスメンバーのネジネジを大きく間違っていました。

そりゃー何か変ですよね(^-^;;;

記事訂正ではなく、修正の追記にしました。
ステアリングラックの「間」にクロスメンバーを滑り込ませてネジ止めが正解です。

ディティールは、特に弄る必要はないかナァと。
やるとしたら、色ハゲ再現になるので、まぁ現状で良いでしょう。

ダストブーツはVol.5でも説明しましたが、接着してありますよ。

スタビリンクのスミ入れ

スタビリンク

見えなくなるんだけど、ちょっと組み立ててるときのメカニックな気分もあるので(笑)

スタビライザー とは本当は言わずに アンチロールバーのリンク部分ですが、
実戦で使い込んだ風にちょっとスミ入れしましょう。

スミ入れ剤を細い筆で流してあげます。
ちょっとふき取れないところに汚れが残ってるような雰囲気にできます。

スミ入れ剤のキャップに筆は付いてますが、使い物になりませんのでご注意を。
ガンダムマーカーで同じようなスミ入れをするなら、灰色がいいでしょう。
(ただ、筆で流し込むほうが圧倒的に雰囲気が良いです)

折角なので、のディティールアップでした。

ストラット付近のスミ入れ

ナックル

ロアアームは材質的にスミ入れ剤が載り難いので、そのままにしておきます。
ストラットの付け根や、ナックル周りに少々スミ入れしてあげます。

あ、ドラシャ部分はまだ一切手をつけていません。
なんとなく、組み立て後にステアリングを切るとポコポコ外れそうな気がしますので
今後の部品の配給や、構造を見てから接着するか考えたいと思います。

それに、キャリパーからちゃんとブレーキラインでてるんですよ。
ソコはシャシとの合体後のパーツ配給でもかいがえますが、ブレーキライン引きたいですよね(^-^

そういった作業は、今回のこのページのように別途ディティールアップ的な補足ページで行ってみようと思います(^-^)v

それではまた次号、一緒にインプレッサをつくりましょう。


関連するサイトのリンク